2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年7月23日 (月)

尿路結石になりました

タイトルの通りです。

今年の1月の健康診断で腎臓に石があると言われていたのですが、ここのところの暑さで時限爆弾が爆発したようで……。

顛末はこんな感じです。

土曜日の午後にアコースティック系のライブがあったので、それを聴きに行っていました。ビールを飲みながら始まるのを待っていたところ、何となく貧血のような気配が。お酒が回ったのかな? と最初は思っていたのですが、その後に左腹部から背中側にかけて痛くなってきました。

クローン病の方の痛みはいつも右側の腹部からみぞおち辺りにかけて発生するので、左側が痛くなるというのは経験がなく、どういうことかと。

イレウスの痛み? 急性胃腸炎かなにか?

お腹を押さえながらライブを聴いていたのですが、痛みは強くなってくるし、貧血っぽい感じも激しくなってくるしで、曲の演奏が終わったタイミングでライブハウスを出ることに。開始から30分。ちゃんと聴けなかったのが残念だけど、もし倒れたら迷惑かけるし仕方がないですね。

お腹を押さえつつ、駅に向かって歩き始める。信号待ちの時に辛くなってしゃがみ込んだところ、近くにいた女性が心配して声をかけてくれました。その時はまだ何とかなりそうだったので、「大丈夫です」と答えて再び駅へ。

駅に着いて、改札を通るあたりから腹痛と貧血っぽい状態がさらに激しくなり、ホームで再び座り込む。そこで今度は別の女性が声をかけてくれました。

もう歩くことすらできそうも無かったので、駅員さんを呼んできてもらい、車椅子で救護所へ。

クローンの腹痛だったらしばらくすれば痛みが少なくなるはずなので、ベッドで横になっていましたが……。痛みがさらに激しくなり、さらに少し吐いたので救急車を呼んでもらいました。

救急車が来て名前とか色々聞かれたあとストレッチャーに移動することになりましたが、歩くこともままならず、時間をかけてストレッチャーにたどり着きました。

ストレッチャーで救急車まで運ばれ、さらに病院へ向かいますが、移動中も激しい痛みがずーっと続いていて、あまりの苦しさに

「……シテ……コロ……シテ……」

と言いたいところでしたが、実際にはそんな感じではなく、

「イタイ、イタイ、タスケテー、タスケテー」

って絶叫する感じでした。まあ、実際には叫んではいないけど、このまま気を失えればどんなに楽だろうって思ってました。

病院に着いて診察。それと点滴。

点滴は針を刺されるのを1回失敗されたので、「正中でお願いします」と自分からお願い。針を正中で入れてくれなんていう患者が世の中にはどのくらい存在するんだろう? というか、普通の人は正中なんていう単語は知らないか。

点滴のルートから痛み止めを注入。少し落ち着いたのでCTを撮りに行くことに。ところが、部屋の移動中にまた激しい痛みが発生。さらに嘔吐。

「痛みが強いようなので座薬を入れます」

と、けっこう奥の方に座薬を入れられました。肛門付近にもクローンの病変があるので、痛いんですよ、すごく。

CTの結果は石が見えるそうで、症状からしても尿路結石だろうと診断されました。

「水をたくさん飲んでくださいね」とか、「石が出たら持ってきてください」とか色々お話を聞いた後、痛み止めの効果で普通に動けるようになっていたので帰宅してきました。

しかし、痛い痛いとは聞いていましたが、尿路結石がこんなにも激痛だったとは想像もしていませんでした。人によるという話もありますが、救急車を呼ぶレベルになるとは全く考えておらず、せいぜい痛みに耐えながら自宅でうずくまるぐらいじゃないかなと思ってました。

バイクでツーリング中じゃなくてほんと良かった。

ところで、その日の夜、前触れもなく小さな石が出てきたんですが、そんなに早く出てくるものですかね。ラスボスはどこかに潜んでいるのでしょうか……。

あ、あと、今回は保険証もお薬手帳も携行していなかったので、いつも飲んでる薬の名前を聞かれたときに少々難儀しました。やっぱり我々は常に持っていないとダメですね。反省。

2018年7月20日 (金)

国立歴史民俗博物館に行ってきた

千葉県の佐倉市にある、国立歴史民俗博物館に行ってきました。

2年前の春に近くまで寄ったのですが、佐倉城址は見たものの、他に目的があったので館内には寄らなかったんですよね。……って、トイレだけ借りた記憶が(笑)

今回はお土産に関する企画展があったので、バイクに乗っていそいそと出かけてきました。

舞浜の渋滞を避けるため朝早くに出発したところ、開館前に到着。時間つぶしに近所のガストで朝ご飯を食べ、佐倉城址を少しだけ散歩してから博物館へ。コインロッカーにバイクのジャケットとバッグを入れる。100円のリターン式でした。

では、さっそく企画展へ。

20180719_minzoku

キーホルダーやらペナント、食べ物などなどがたくさん展示してあり、「あー、見た事あるわ、このお土産」と、なんだか懐かしい感じに。

ただ、それ以外は特に特筆することもない企画展でした(汗

企画展を観終わった後は、せっかくなので常設展も観てきました。しかし、広いし、展示物は多いしで、じっくり観て回ると頭がパンクしそう。なので、足早に観て回りました。

20180719_minzoku2

写真が撮れるところと、撮影禁止の場所がありました。

残念ながら今回は第一展示室が改装中のため観られなかったので、また行こうと思います。

2018年7月17日 (火)

銀河英雄伝説を読みました

銀河英雄伝説、全10巻を読みました。

ゴールデンウイーク明けから読み始め、7月14日ぐらいに読み終わったので、だいたい2か月ちょっとぐらいですかね。読むのは、朝会社に着いてから始業を迎えるまで、お昼休みが大半で、通勤電車の中でたまに開くぐらい。ノンビリしたもんです。

小説が世の中に出てからかなりの年数が経っており、今さらネタバレを気にし過ぎる必要も無いとは思うんですが、再びアニメも始まったことだし、知らない人の為に内容について語るのはやめておこうと思います。

小説のリアルタイム世代としては、今まであまり触れてこなかったとはいえ、ある程度の内容は耳にしているわけでして、小説を読み始めるにあたってある程度心構えはできていました。なので、主要人物が舞台から退場していくのを落ち着いて読めたのは良かったです。

これ、本当にリアルタイムで読んでいた人たちは気が気じゃ無かったでしょうね。

多くの人は2巻で衝撃を受け、8巻でまた衝撃を受け、という感じでしょうけど、個人的には9巻が一番読んでいて辛かったです。

最後の10巻を読み終わった時は、大きな息を吐きました。それだけ気を張っていたんでしょうね。小説を読んでいるだけなのに(笑)

外伝もあるので、それはこれから読みます。

2018年7月 9日 (月)

健康おきなわ21 アルコール

お酒を飲んだ帰りにTwitterを見ていたら、摂取カレンダーなるものを見つけたのでご紹介します。

健康おきなわ21 アルコール
http://alc.okinawa.jp/

もともと沖縄県が県内の健康促進の為に作ったアプリらしいんですが、キャラクターがことのほか可愛らしく(笑)

とりあえず診断してみたところ、こんな感じでした。

20180707

ちなみにこの状態だと「悪口をポンポン言う」とのことなので、悪口を言います。今なら許されると思います。

……やっぱりやめた(小心者

なお、飲酒状況をカレンダーで管理できるので、お酒を飲む機会がある人にぜひ使ってみて欲しいです。

20180707_small

2018年7月 4日 (水)

通院日でした

月曜日は通院日でした。

実家まではバイク。駐車場から出してエンジンをかけたところ

ブロロロロ……ブロロローン……ブロ……ブロ……ブスン

という感じで、回転数が一気に下がってエンスト。セルを回してみたものの、キュルキュル音がするだけで、かかる気配がない。

これはバッテリーが死んだかな? と思って、バイクを駐車場に戻す。諦められず、祈りながらセルを回すと再びエンジンがかかりました。回転が落ちるとエンジンが止まりそうなので、少し煽りぎみにしながら、何とか実家まで。

念のため自宅からジャンプスターターも持っていきましたが、使わずに済みました。

さて、病院。

この間の拡張術の結果について、改めて写真を見ながら説明してくれました。小腸と大腸のつなぎ目のところが狭かったのはもちろん、その周囲に潰瘍があるっぽい。それ以外にもちょこちょこ潰瘍の痕っぽいところがあったり、直腸辺りにも傷跡が……。

つなぎ目の部分が狭くなる件については、1年に1回ぐらいなら手術しない方がいいねーと言われました。これが、1~2ヶ月に1回腸閉塞になるようなら、手術も検討した方が良いらしいです。

手術ってなるとね、やっぱり生活のことがあるのでなかなか難しいところですよね。というわけでして、エレンタール生活はまだまだ続けることになりました。

そうそう、帰りがけにたいみそを買ってきました。これがまた美味しいんだな。

20180702_small

«1000円自販機