« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月30日 (火)

眠れない

最近、睡眠が不規則というか、生活のリズム全体が狂ってます。
昨日はどうしようもなく眠くて、「勉強しなくちゃ!」と思いつつ、気がつけば21:00から2時間ほど眠ってました。

あっ、クスリ飲まなくちゃ……

で、動きたくなかったんだけど無理やり起きて、クスリを飲んだりしてたら今度は眠れなくなって、気がつけば午前3時。

しょうがない、起きるか……

と布団から抜け出し、ウイスキーを飲みつつファミコンエミュレーターでスーパーマリオなんか始めてみたり。

4時になって眠くなったので再び布団に入ると、今度はちゃんと眠れました。
Mr.Children の桜井和寿と話をしたりする夢をみながら7時半に起床。眠い……

しかし、良く考えれば11時頃に無理に起きずにそのまま寝て、4時ぐらいに起きて勉強すればよかったのでは無いかと気が付いた、そんな火曜日の午後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

ローレライ

ローレライ
http://www.507.jp/index.html

父と暮せば」を返しに行ったついでに借りてきた映画。くしくも「父と暮せば」と同じく、原爆が映画に登場します。

第二次世界大戦末期、東京に原爆が落とされるのを阻止するために出航した新型潜水艦。その潜水艦を中心に繰り広げられるドラマなのですが、息をつかせぬ展開に興奮させられました。なかなか熱いです。まだDVDが出たばっかりなので観ていない人もいると思うので詳しくは書かないでおきます。

この2つのセリフが気に入りました。

怨んでも過去は取り戻せんぞ。己を騙すのは止めて、前だけ見ろ。」

私は信じる。例え国が焼き尽くされようが、日本人は、自分で絶望から立ち上がる。」

そう。何度でも何度でも、前だけを見て立ち上がるんです。
Mr.Children の「蘇生」という曲もそうなんだけど、どうやら「立ち上がる」「前を向いて」というようなセリフに弱いようです( ´ー`)y-~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父と暮せば

「父と暮せば」
http://www.pal-ep.com/father/

原爆で父親を失った女性が抱いた恋心。その恋を応援するために、応援団長として現れた父親の亡霊と娘が一緒に暮らした4日間の物語です。

物語自体は淡々と進んでいくんですが、原爆の悲惨さを語るシーンがあるたびに、なんというか、「こりゃあえらいこった」という気分になりました。よくもまあ、こんな爆弾を落としていきやがったものだ。広島の一寸法師というお話を語る場面があるんですが、ここで語られている鬼というのは、やっぱりアメリカのことなんでしょうね。

この映画で語られているのは、「残された者と残していった者のそれぞれの想い」なんだけれども、残された者はどんなに辛く悲しくとも、強く生きていかなくちゃダメなんだよね。それが残していった者に対する礼儀というか、義務であろうと思う。

命は繋いでいくもの」 それを思い出させる映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

試験勉強

早いもので、今日は木曜日です。

今度の土曜日に、先日受けた講習会の筆記試験対策として、社内で勉強会を開くんです。言い出したのは私……

テキストに付いている問題の答え合わせをしよう」ということなので、ある程度勉強をしておかなくてはいけないのですが、なかなか時間がありません。いや、ほんとに。

確か去年も、筆記試験前の1ヶ月間は徹夜が連続するほど仕事が忙しくなって、試験に落ちてしまいました。

今回も同じように、徹夜はないですが、帰りが遅くなって、勉強してる時間があまりありません。

会社のお金で講習を受けたんだから、合格しなかったらどうなるか分かってるよね?

と、社長にニッコリと微笑まれるというプレッシャーをかけられていますが、果たして、こんな状態でちゃんと合格できるのでしょうか?

試験は来週の土曜日です。

さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

It's a wonderful life

It's a wonderful life 邦題 「素晴らしき哉、人生!」 を観ました。

全てに絶望し、自殺寸前まで追い込まれてしまった男が、そこに現れた天使によって自分の人生に意義を見出すという話です。と、簡単に言ってしまうとそれだけなんですが、けっこう心に染み渡る良い映画でした。

天使が現れてから、自分がいかに周りの人々に影響を与えていたのかを見せられていくんです。良い影響を与えていたから生きていて良かったと思えたわけで、これが悪影響しか及ぼしていなかったところを見せ付けられでもしたら、けっこうガッカリというか、

 

その場で死にたくなりますね

 

というか、そもそも街中の人々に「無事でいてください」と祈ってもらえないと思います。

彼はその人柄の良さで救われたわけですが、果たして自分は他の人にどんな影響を与えているのかな?

それを考え始めると、(´・ω・`)ショボーン な感じだけど、この先は周りの人が少しでも幸せになれるように、誠実に、優しく生きていこうかな( ´ー`)y-~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

投稿

以前紹介したサイト「セクシー心理学」に、「私だけのセクシー」という投稿コーナーがあります。そこで、私の投稿したものが「第20回 わたせく☆ランキング」に2位として載ってしまいました。

内容はこんなものです

-------------------------------------------

ケーキに付いてきた保冷剤がありました。お店の名前が入った紙で包んであったので、外すことに。
ぺりぺり……とはがしていくと、保冷剤に乱暴に扱わないでくださいという記載が。

保冷剤の柔らかくてひんやりとした手触りが、
乱暴に扱わないで☆
と女性に言われたかのような錯覚を呼び起こしてしまい、そこからは優しく紙をはがしました。

キレイになったよ……

保冷剤を冷凍庫にしまったその瞬間、妄想から立ち返ったわけですが、
「なに妄想してんだろう」とちょっぴりせつなくなってしまった私です。はぁ……

-------------------------------------------

ちなみに、

フィクションじゃありませんから……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

地震

今日、お昼頃に地震がありました。

うちの会社はビルの24Fにあり、「地震か?」と思い始めてから長いこと揺れてました。あまりにも長く揺れていたので、船酔いみたいな気分に。しかも……

 

ミシミシ……ミシミシ……

 

という効果音付き。
いや、そんな効果音いりませんから。ほんと勘弁してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

ブラザーフッド

2004年公開の韓国映画、「ブラザーフッド」を観ました。去年観たTVドラマシリーズの「バンド・オブ・ブラザーズ」以来の、久しぶりの戦争物。

話としては、朝鮮戦争という時代の大きな波に巻き込まれた兄弟が、いかに戦場を戦い抜いていったかというものです。弟を除隊させるために、手柄を立てようとする兄。自分のために危険な所に身を置いたり、どんどん人柄が変わって行ってしまう兄に反発を覚える弟。

いろいろあったけど、功績を認められ武功勲章を得て、弟を除隊させられることになったし良かった良かった……

と思ったところから、大きく話が展開します。この先は、映画を観ていない人もいるかも知れないだろうから、書かないで置くけど、けっこう辛いです。

手柄を立てるために、心を鬼にして戦い続ける兄。でもその根底にあるものは……。
終わりの方の、弟の方を見ながら倒れるシーンはそれを象徴していて、とても良かったです。

それから、病院で手紙を読んで、平和だったときの事を思い出すシーン。
楽しかった時がいつまでも続けば良かったのに……。

大切だったあの人に、メールを打ちたくなりました( ´ー`)y-~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

飲み会

最近、飲み会が多いです。

とはいえ、会社内の飲み会ばっかりですから、

 

出会いは広がりません

 

どんなに楽しくても、

 

やっぱり出会いは広がりません

 

誰か僕に出会いを下さい(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

SWING GIRLS

矢口史靖の「SWING GIRLS」を観ました。

食中毒を起こした吹奏楽部に代わって、まったくの素人の女の子たちがジャズを始めるという、そんなストーリー。観た感想は……

「まんまウォーターボーイズじゃん」

みたいな。
とはいえ、この間観た 69 もそうだったけど、こういう何も考えないで楽しめるような映画は大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月 6日 (土)

ボウリング

友達と久しぶりにボウリングをしてきました。ボウリングといえば、去年の11月に会社のイベントでボウリング大会をやったのが最後だから、10ヶ月ぶりぐらい? という前フリをしておけば大丈夫だと思うけど、

1投目でいきなりガーターなんて出してしまい、(/ω\)ハズカシーィ

みたいな。
1ゲーム目は私の負け。2ゲーム目の最後の10フレーム目、相手が10ピン以上倒さないと2ゲームトータルで私の勝ちが決まる。

「これは勝ちをもらったな」

と、持っていたお茶を飲みつつ余裕をかましていたら、1投目でいきなりストライク。その瞬間、負け決定。

ロスタイムでイラクにゴールを決められ、アメリカW杯出場を逃した……

みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

サイトいろいろ

今回もネタがないのでサイトの紹介などを。

いきなり次回予告
http://ikinari.pinky.ne.jp/

会社の人に教えてもらったサイトです。3人分の名前を入れると、勝手に次回予告を作ってくれます。お昼ごはん中にやってみたのですが、思わず口からご飯を吹き出しそうになりました。

スーパーリアルRPG
http://sinri.net/n/srrpg.htm

セクシー心理学のサイトにある、「RPGを現実的にするとどうなるか」というコーナー。マンガも面白いけど、超現実的解説がけっこう面白い。というか、セクシー心理学自体、かなり面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

クリーニング代

普段のお昼は、買ってきたお弁当を自席で食べているのですが、今日はめずらしく中華料理屋さんに行って来ました。

円卓に通され、注文した料理を食べていた時のことです。反対側の人が回転テーブルを回したところ、テーブルの上に乗っていたメニューがお茶が入った茶碗にひっかかり、倒れてこぼれたお茶が私の左の太ももに思いっきりかかりました。

ウーロン茶も熱くなかったし、紺色のスーツだったので乾けば問題ないだろうと気にならなかったので、その場は「大丈夫ですよ」と笑顔で済ませました。でも、その人はたいへん恐縮しており、「せっかくのお昼ご飯の雰囲気を台無しにしてしまいまして……」と、私たち(3人分)の会計までしてくれました。

クリーニング代にしては高すぎるので、逆にこっちが申し訳ない気分でしたよ。いや、ほんとに平気だったんだけどなぁ……

もし私が逆の立場だったら「そこまでできたかな?」と思った出来事でした。
ごちそうさまでした( ´ー`)y-~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »