« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

スノボ行ってきました

先週末は健康保険組合のツアーで、裏磐梯の猫魔までスノボに行ってきました。実に3年ぶりのスノボだったんだけど、とても楽しく滑ることができました。

2泊して、1日2食付いて、部屋は広くてキレイで、露天風呂まであって大満足。これで1万2千円なんて信じられないぐらいでしたよ。

それはそうと、ちょっと斜面が急になると怖がったり、体力が続かなくて休んでばっかりいたら、「へたれ」や「おじいちゃん」なんて称号が付いちゃいました
ヽ(`Д´)ノプンプン

まあ、いじられキャラ的には本望ですが……(ノ´∀`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

学習机

とあるメルマガを読んでいたら、学習机の話題が載っていました。読み終わったあと、「そういえば自分の学習机ってどんなのだっけ?」と記憶をたどってみましたが、思い出せないんですよね。

兄が使っていた学習机なら、今もまだ実家にあるし、記憶に残ってるんだけど……。

学習机に対する記憶も無ければ、勉強をした記憶もないなぁ……。
友達と遊んだ記憶は残ってるんだけどね。(´∇`)

みなさんは、学習机の記憶、ありますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

タライの水

今日の午前も鼻血が出ました。「昨日の晩ごはんを食べてたときも鼻血が出たんだよね」って話をしたら、「なんでゴハンに興奮してるんですか?」と言われた、たくり~です。

という話はさておき (´∇`)

友人とメールをしているときに話の流れから、「支えてくれる人」「愛してくれる人」の話題になったんですよね。「そういえば、愛され感がないなぁ~。アンテナ錆付いてるのかな~」って言ったら、「愛を与えているうちに、自然と集まってくるよ」って言葉をもらいました。

タライの水って話を知ってますか?

タライの中の水を必死にかき集めても水は向こうに行ってしまうけど、逆に向こうに送ってあげるとちゃんと戻ってくる」っていうやつ。

そんな話を思い出して、「ああ、なるほど」と。

タライの水は「情報」の性質についての例えとして教わったんだけど、「愛情」も同じなんだね。いや、それだけじゃなく世の中すべてそうなんだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

身体に起きた異変

最近、身体に起きた異変など

1.左足のかかとがカサカサになってきて、ひび割れた。
  けっこうキズが深いです。痛いです。

2.おでこのシワが気になった。
  めっちゃ横線が入ってきました。

3.意味無く鼻血が出た。
  さきほどですが、いきなり鼻血が出てきました。
  別に興奮していたわけではありません。 (*∀*)ウヒョー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

バッテリー

バッテリー
あさの あつこ  角川文庫 ISBN:4-04-372101-3

small20060121_

電車の中吊り広告で見かけ、なぜかとても読みたくなったので買いました。

中学入学前に、父親の田舎に引っ越してきた原田巧。ピッチャーとして絶対の自信を持つ彼は、同い年の永倉豪というキャッチャーに出会う。互いの実力を認めた2人は、バッテリーを組みたいと思うようになるのだが……。

協調性という言葉とは無縁に近い原田巧と、周りを包み込むほどの優しさを発揮する永倉豪という、二人の性格の違い。巧に足りないものを豪が補うという感じで、いいコンビになるなと予感させてくれます。
また、小さいときから身体が弱く、ただ守ってもらうだけの存在と思っていた巧の弟の青波(せいは)。彼が見せるようになったいろんな面が、巧にも影響を与えていきます。
それから甲子園出場校の監督をしていた、巧の祖父の井岡洋三。そして、子供のためだと信じ、野球を止めさせようとする母親達。

もとは児童書として書かれた本なのですが、そうとは思えないほど読み応えのある内容でした。特に巧の、「何物にも干渉されず、結果のすべてを引き受けようとする」、そのストイックなまでの姿勢はちょっと気持ちいいぐらいです。

正直、「女性に、小学生ぐらいの男の子を主人公とした物語なんて書けるのかなぁ……」なんて思ってましたが、ちとあなどりすぎでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

氷壁 第2回

氷壁 第2回 「生死を賭けた挑戦」

いよいよK2に挑戦し始めた北沢(山本太郎)と奥寺(玉木宏)。低酸素により意識が朦朧とした中、荷物を失ってしまう。そのまま頂上を目指し続けるが、雪崩に巻き込まれ北沢が右足を骨折してしまった。絶望的な状況の中、下山をするために雪崩の巣を避け、ノーマルルートに出る方法を選択するが、そこでさらなる悲劇が訪れてしまう。

北沢が落下したのだ。

北沢を救出するため奥寺が雪崩の巣へと向かうが、北沢は見つからず、生きて帰って来られたのは奥寺のみであった。記者会見の中、奥寺が発した「カラビナに問題があったとしか考えられません」という一言により、事態は大きく動いていくことになる。

------------------------

というのが今回のお話でした。

足を骨折した北沢が、「死にたくない!」と奥寺にすがりつくところが一番良かったなぁ。目の前でそんなことを言われたら、何がなんでも助けたくなるよね。ましてや小さい頃からの友達なんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月21日 (土)

名古屋城

というわけで、自宅に帰ってきたのでデジカメで撮った写真を載せておこうと思います。

2006011503

ほんとは手前に本丸御殿という建物があったんだけど、第二次世界大戦で焼失したということでした。

次は、いろいろ撮った中で、いちばん好きな写真。

2006011502

それから、金のシャチホコのレプリカ

2006011504

おまけ。ホテルの窓から撮った朝日。

2006011501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

コニカミノルタ・カメラ事業終了

2006年1月19日に、コニカミノルタがカメラ事業の終了を発表しました。

カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について
http://konicaminolta.jp/about/release/kmhd/2006/0119_04_01.html

初めて買ったカメラがミノルタの X-7 という一眼レフなので、かなりショックです。

ちなみにこんな奴でした。

pht_def_1980

これを持って、いろんなところに写真を撮りにいったなぁ……。中学の時の修学旅行ではちゃんとフィルムを装填できてなくて、お寺の写真がぜんぜん撮れてなかったっけ……。

などと、ちょっと昔を思い出してしまったニュースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

西遊記 第2回

先週から始まったフジテレビの月9ドラマ、西遊記の2回目を見ました。

確かに楽しい、楽しいけど、一話完結型だから、続けて見なくてもいいかなぁ~って感じになっちゃいますね。

今回は、「好きな女をとことん守らないで、それでも男か!」みたいな台詞があったけど、フラレた女性にそんな事をしたら、今のご時世、簡単に「ストーカー」扱いされちゃうぞ。

って、時代が違うからいいのか。んん? ∩( ・ω・)∩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

世界で一番ロマンチックな海

世界で一番ロマンチックな海
鎌田 敏夫   角川文庫  ISBN : 4-04-148025-6

出張に持っていく本を探して書店をうろうろしていたら、たまたま目に入ったので買ってみました。

  • 世界で一番ロマンチックな海
  • ラヴレター
  • 男と女と男
  • 結婚
  • シャルル・ドゴール空港
  • そのひとの匂い

という6本の短編が収められています。

本の題名にもなっている「世界で一番ロマンチックな海」は、高校時代にキスを交わした男女が別々の人生を歩んでいきつつも、お互いに惹かれあい続けるという物語です。

相手も初めてのキスだと信じていたのにそうでは無かったことを知ってしまい、彼女のことを拒絶してしまった高校時代。次に逢ったときは、男のほうは結婚していて女性が独身。その次は男が離婚していて、女性が結婚していて。

そしてお互いが独りになったときには……。

読んでいて、「あ~もう! この二人、上手くいかないなぁ~!!」と少々イライラしとりましたよ。

終わり方はとても切なく、なんとなく心に残る、そんなお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

観光してきました

きれいに晴れた日曜日、今まで足早に通り過ぎるだけだった名古屋を観光してきました。

行ってきたのは「名古屋城」と「熱田神宮

お城を見物したのはこれが初めてで、その大きさと存在感に感動。さらに、雲ひとつない青空に燦然と輝く、金のシャチホコにも感動。ほんと、あちこちで「すげ~」を連発してました。

あとは、人がほとんどいない庭園を一人で「ゆっくり、ゆっくり」散歩してきて、散歩好きな私としては、たいへん癒される思いでした。花が咲く季節だったら、もっとキレイだろうな。

やっぱり、一人でいるのが好きだな~」 と思っていたら、

一人が好きなんじゃなくて、相手がいないだけでしょ

なんて、陰の声が聞こえてきたりしましたが (・ε・)キニシナイ!!

熱田神宮では、お守りを買って、おみくじを引いてきました。

基本的に無宗教なのでお守りなんてものは買ったりしないのですが、、「今年もいろんな人と出会うことができて、自分自身が成長できますように」という願いを込めて、縁結びのお守りを買ってきました。

けっして、「彼女が欲しい」とかそういうわけでは……。

そういうわけでは……。

そういう……。 (´▽`;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

氷壁

NHK土曜ドラマ 「氷壁」 を見ました。
http://www.nhk.or.jp/dodra/

ストーリーを簡単に説明すると、世界でもっとも登頂が難しいとされる山、K2 (8611m)に挑んだ男たち。しかし、そこで滑落事故が起きてしまうのです。その原因をめぐる法廷での争い、さらには愛憎や企業の思惑などが入り込み……。

たぶん、見ていて苦しい話だと思います。(;´ρ`) グッタリ

第1回目の今日は、北沢と奥寺がザイルパートナーを組むことになり、実際にK2に登り始めるところまでの話でした。

いちばん印象に残った場面は、北沢が5年前に起こった日本での滑落事故で、奥寺のザイルを切ろうとしたということを告白したところです。

実際、自分がその状態になってしまったとしたら……

きっとザイルを切るだろうと思います。もしくは思考停止に陥って、一緒に落ちてしまったかのどちらかですね。

少なくとも今までは……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月11日 (水)

出張2日目

目覚めたら、きれいな朝日が昇ってました。デジカメで写真を撮ったけど、道具を持ってこなかったのでお見せできないのが残念。

さて、出張のほうだけど、予想していたトラブルにも今のところ見舞われておらず、実にゆったりとしたものです。このまま最後までトラブル無しでいけるといいなぁ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張1日目

1/10(火)の朝4時45分に起きて、今は1/11(水)の午前0時30分です。

眠い~!!!!

遊びだったらどんなに睡眠時間が短くても大丈夫なのに……ね (゚Д゚ )ムハァ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

いやな夢

夢を見ました。

流れの激しい川に流されていく子犬。それを見つけた少年が、子犬を助けようとしています。

おおっ、感動巨編か?

なにげに冷静に見守っていた私の耳元に突然、

心霊写真の恐怖

という冷たくて不気味な声が……。恐る恐る振り返ってみると、人の形をした黒い影がにじり寄ってきて……
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

というところで目が覚めました。

これって何かを暗示してるんですかね~。いやだな~ (;´Д`)ウトゥー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

FX始めました

株は1年半ぐらいやっているのですが、先日会社の人に本を薦められたのをきっかけに、外国為替保証金取引(FX)も始めることにしました。

細かく儲けるぞ (・∀・)ニヤニヤ

そう思っていたものの、1円程度円高になり、ちょっとだけ資産が減りました。

細かく削られていきそうです (´・ω・`)ショボーン

それはともかく、始めてみたいけど良くわからないとか、怖いとかいう人は、ゲームとして楽しんで見たらどうでしょう。無料で遊べるサイトがありますので、どうぞ。

バーチャルFX
http://www.virtualfx.jp/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

出張が決定しました

再び名古屋……正確には豊田市だけど……に出張することが決定しました。

1/10(火)から予定では18日(水)までだけど、場合によっては数日で帰ってくるかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

仕事始め

5日は仕事始めでした。

仕事始めという事で、みんなの前で今年の目標を発表する機会がありました。

どうしよう……何を言おう……) 緊張で心臓がバクバクしだします。

最近思っていることを、今年の目標にすることにしました。

乗り越えられない壁は無いということで、今年はいろんな課題を見つけて、チャレンジしていこうと思います。

おお、我ながら良いこと言った ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

終戦のローレライ2

終戦のローレライ2
福井 晴敏〔著〕 講談社文庫 ISBN:4-06-274971-8

small20060104_

1巻を読み終えてからだいぶ時間が空きましたが、やっと2巻目を読み終わりました。今回の話は、ローレライの回収とパウラの能力が生まれた背景、それから1巻から続いていたアメリカの潜水艦との決着、となります。

感想としては……特にないなぁ……。全4巻中の2巻目だから、そんなものかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

がんばれ、生協の白石さん!

がんばれ、生協の白石さん!
http://shiraishi.seesaa.net/

ちょっと乗り遅れ感がありますが、生協の白石さんを紹介します。

大学生生協に置いてある「ひとことカード」 大学生のおバカな悪戯にたいして誠実に回答をする、たいへん心温まるサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

戌年がやってきました。私の年です……って、年齢がバレるな(´Д`;)

年末の「体調不良」や私生活の「しょんぼり感」をくぐりぬけ、あいかわらず咳が止まらず難儀はしてますが、なんとか無事に年を越せました。

今年も、みなさんにとって素晴らしき1年となるよう、心からお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »