« 観光してきました | トップページ | 西遊記 第2回 »

2006年1月16日 (月)

世界で一番ロマンチックな海

世界で一番ロマンチックな海
鎌田 敏夫   角川文庫  ISBN : 4-04-148025-6

出張に持っていく本を探して書店をうろうろしていたら、たまたま目に入ったので買ってみました。

  • 世界で一番ロマンチックな海
  • ラヴレター
  • 男と女と男
  • 結婚
  • シャルル・ドゴール空港
  • そのひとの匂い

という6本の短編が収められています。

本の題名にもなっている「世界で一番ロマンチックな海」は、高校時代にキスを交わした男女が別々の人生を歩んでいきつつも、お互いに惹かれあい続けるという物語です。

相手も初めてのキスだと信じていたのにそうでは無かったことを知ってしまい、彼女のことを拒絶してしまった高校時代。次に逢ったときは、男のほうは結婚していて女性が独身。その次は男が離婚していて、女性が結婚していて。

そしてお互いが独りになったときには……。

読んでいて、「あ~もう! この二人、上手くいかないなぁ~!!」と少々イライラしとりましたよ。

終わり方はとても切なく、なんとなく心に残る、そんなお話でした。

|

« 観光してきました | トップページ | 西遊記 第2回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122756/8177054

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で一番ロマンチックな海:

« 観光してきました | トップページ | 西遊記 第2回 »