« 4km | トップページ | 健康診断の結果 »

2006年3月 5日 (日)

安心社会から信頼社会へ

安心社会から信頼社会へ
山岸 俊男  中公新書 ISBN : 4121014790

今までの社会とこれからの社会、閉ざされた社会から開かれた社会へと基本的なシステムが変革していく中で、どのように生きていくのが良い戦略なのかについて述べられている本でした。

この本を読んでいくと、結局のところ、どんな社会システムにおいても、人を信頼して正直に生きていくのが最大の戦略なのかなーと思えました。ただ、それには条件があって、ただ闇雲に信じるんじゃなくて、相手の人間性を正確に見極める能力が必要です。

ではその人間性検知能力をどうやって磨いていくかというと……

当たり前の話になってしまいますが、いろんな人と付き合い、さまざまな人間性について勉強していくことです。最初から人を疑ったり、関係を作っていくことは不可能だと思っていると、せっかくの学習機会を逃していくことになります。

なので、実は「人を信頼する人は騙されやすい」というのは間違いで、人を疑って狭い範囲の人間としか付き合わないような人の方が、人間性を検知する能力が低いだけに騙されやすいってことになるんですね。

さて、自分を振り返ってみると、意外に狭い世界でしか生きていない人間だから、ちと怖かったりして。(((( ;゚д゚)))アワワワワ

気を取り直して、これから人間性検知能力を磨いていこうと思います。

|

« 4km | トップページ | 健康診断の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122756/8955056

この記事へのトラックバック一覧です: 安心社会から信頼社会へ:

« 4km | トップページ | 健康診断の結果 »