« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

にんげんクラブミーティング 2日目

というわけで、本日も講演会に行って来ました。
本日の予定は、

志賀 一雅  「上手に生きるためのメンタルトレーニング
飛田 ユミ子 「もう一度、脳を作り直してみませんか
船井 幸雄  「今、一番伝えたいこと

深夜になって会社に提出する書類を1つ出し忘れているのを思い出し、慌てて飛び起きたりしてました。そのため朝起きるのが辛く、また、駅まで行ってから財布を忘れたことに気が付いたりして、「午前中は休もうかな~」とめんどくさい病が……。もちろん、ちゃんと行きましたよ。

一番最初の講座では、思考が身体に与える影響というものを教わりました。夜寝るときは「ありがとう」と1日に感謝しながら眠りに付くと、寝ている間に「ありがとう」について脳の中で情報処理が行われるらしく、身体にとても良いみたいですよ。

二番目の講座では、脳のトレーニングをしました。おかげで、円周率を30桁言えるようになりました。といっても、実は20桁まではすでに覚えていたので、新しく10桁覚えるだけでしたけど。

で、三番目の講座。初めて船井幸雄さんの講演を聞いたんだけど、正直、これは好き嫌いが分かれるな~と思いました。普通に聞くと眉につばをつけなくちゃいけないような話だったり、「なるほどな~」とうならされる話を聞かせてもらえたり。もうちょっと船井さんを研究したいと思います。

この講座ではお薦めの本や、長所を伸ばし、それを自分、他人、世の中に役立てることの大切さを教えてもらいました。

という感じで、たいへん密度の濃かった週末でした。

明日、明後日は仕事。3日、4日は SuperGT を観に行ってきます。
楽しみだ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

講演会に行ってきました

縁あって、船井 幸雄が主宰している「にんげんクラブミーティング」なるものに出席してきました。といっても怪しいものではなく、講演やパネルディスカッションというものなんですけどね。

今日と明日の二日間、それぞれ 10:30 ~ 18:30 というけっこう長い時間開催されます。で、今日は講演が2つにパネルディスカッションが予定されていたのですが、興味のあった1つめの講演だけ聞いてきました。

ブリキのおもちゃ博物館」や「開運! なんでも鑑定団」でおなじみの北原 照久さんによる、「夢の実現・言葉の力」という講演です。どんな内容だったかというと、「夢を実現する方法」「ツキを呼ぶ十か条」などを話してくれました。

夢をかなえるには具体的にイメージを持つこと、人に話しまくる、とにかく続けるなど、よく言われてることだけど、なるほどな~って感じでした。ツキを呼ぶ方法はたくさんあるけども、最終的には「自分はツイてるんだ」って思うことが大切らしいですよ。

講演会の最後に「一蓮托生」という話をしてくれたんだけど、とても悲しい話で、思わず涙が……。

講演内容はもちろん、話し方や間の取り方などについてもかなり参考になっちゃいました。とても楽しい講演会でしたので、もし機会があったらみなさんもぜひ北原さんの講演会に出席してみてくださいね。

明日はメンタルトレーニングや脳の話などの興味のあるものばっかりなので、一日中いる予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

出張行ってきました

朝5時に起きて、名古屋方面まで出張に行ってきました。帰ってきたのは夜の10時。

Small20060428_

行きの新幹線で食べたお弁当は「鯛めし」 なかなかおいしかったです。
で、帰りはというと、ちと写真がブレて申しわけないのですが、

Small20060428__1

名古屋TOP3」 エビフライと名古屋コーチンの肉団子、それから味噌カツが入っておりました。

さて、当の出張はどうだったかというと……

グチになりそうなので止めておきますが、いろいろと気付きがあった出張でした。

やっぱり当の本人が何かしらの努力をしないと、何も変わらんのよね。周りが何とかしてくれるのを期待して待ってるより、まずは自分でなんとかしやがれ!

って、気が付けばグチだ。(´Д`;)オマエモナー

明日のセミナーに響きそうなので、もう寝ます。 2006/04/29 1:19 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

出張行ってきます

最近更新をサボり気味だった、たくり~です。

お客様のところで不具合が発生していて、その対応のために明日の朝から名古屋方面に出張です。たぶんうちに原因はなさそうなんだけど、いちおうね。

前に何度か出張に行っていたところで、もう二度と行く事ないと思ってたのにな~。

まあ、そのおかげでブログネタはできたし、駅弁も食べられそうなのでラッキー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

夢をかなえる「そうじ力」

夢をかなえる「そうじ力」
舛田 光洋  著   総合法令  ISBN : 4893469126

Small20060424_

土曜日に行った本屋で見かけ、なんとなく気になったので買ってみました。内容を簡単に説明すると、「掃除をするとこんなにいい事が起こるよ」っていうものです。

って、簡単すぎかな (´ヘ`;)

いろんなところで持ち出される「ブロークン ウインドウ」の理論から、「ディズニーランド」、「出世します」「売上が上がりました」などなど、掃除でこんなに変わりますという話のオンパレードです。それだけ聞くと、「掃除でそんなにいい事が起こるわけないじゃん」と疑ってしまいますよね。

でもまあ、そこで疑って終わるより、実際にやってみたら本当に何かが起こるかも。少なくとも掃除をすると気持ちがいいのは確かだから、いい話を聞いたと思って取り組んでみようと思います。で、さっそく溜まっていた雑誌やチラシをまとめて捨てました。

みなさんも、ぜひ掃除をしてみませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

公園の掃除をしてきました

会社の人達と、東京タワーのお膝元、芝公園を掃除してきました。

朝9時に集合し、お昼まで。想像していたよりはキレイだったけど、ベンチの周りにはタバコの吸殻が異様に落ちており、喫煙者のマナーを考えさせられちゃいました。

とはいえ、むかし私もタバコを吸っていたときには、つい捨ててしまう時があったりしましたので…… ( ´ー`)y-~~

あとは、草木の陰に隠されるように捨てられているお弁当とか……。見えなきゃいいと思ってるんでしょうかね。

Smallp1020257

掃除をしていたら、思わぬ紅葉に出くわしてしまいました。
芝公園、広いし人はあまりいないし、散歩好きな私としては「好きな人とゆっくり散歩したらステキだろうな~」と、ついうっかり想像してしまい……

(´・ω・`)ショボーン

このあと、縁あって江戸川区にある本屋まで行ってきたのですが、それはまた別の機会にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

カロリーの話

仕事をしていたら、こんな時間になっちゃいました。半期の自己目標を立てなくちゃいけないんだけど、なかなか難しいな~。

さて、テレビを見ていたら「1日の必要カロリーの計算方法」を教えてもらうことができました。デスクワークの人の場合なんだけど、その計算方法は、

体重 × 30 ~ 35 kcal

だそうです。例えば……、た、例えばですよ、体重 70kg の人がいるとしたら、70 × 30 = 2100 kcal になります。体重が増えも減りもしないということは、毎日それだけ摂取しているという事になるんだそうです。

おかしいなぁ……、そんなに食べてないぞ。

まあ、それは置いておいて、ダイエットしたい場合は目標となる体重 × 30 ぐらいのカロリー摂取に留めるといいそうです。だいたい毎日 300 kcal ぐらい減らすようにすれば、無理なくダイエットを続けられるそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

名言セラピー プラス

名言セラピー プラス
ひすいこたろう 著  ディスカバー21 ISBN : 4887594461

Small20060419_

前作の続編です。自分の分と、入院している同僚へのお見舞い品として、2冊買いました。ページをめくると、

メルマガと同じじゃ~ん (´・ω・`)ショボーン

てな感じで、あっという間に読み終わっちゃいました。
この中では、「人生ブーメランの法則」が一番良かったかな~。どんな内容かと言うと、

仕事も人生も、投げかけたものが返ってきます。投げかけないものは返ってこない。

というものです。悪いことをすれば自分に跳ね返ってくるし、愛情をもって接すれば、相手も愛情を返してくれるものです。何もしなければ何も起こらない。だから、自分が欲しいものをまずは投げかけてみましょう。

わたし? 愛情を投げかけたくても、相手がおりません (´~`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

ミトコンドリア

躁うつ病の原因がミトコンドリアにあるのではないかという記事がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060418-00000016-kyodo-soci

ミトコンドリアと聞いて、パラサイト・イブという小説を思い出してしまいました。あの小説では、ミトコンドリアに隠れていた超利己的遺伝子が人間に対して反乱を起こすというものでしたが、

躁うつ病もミトコンドリアに隠れていた何者かの反乱だとしたら……?

などと妄想すると、面白いですね。
(´-`).。oO( って、私だけですか、そうですか )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

ジグソーパズル

弟に教えてもらった、ジグソーパズルソフトです。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA030073/

ちとややこしいんだけど、mujig が昔のバージョンで、ezjig っていうのが新しいやつみたいです。いろんな画像をジグソーパズルにして遊べるので、意外に飽きないかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ! 2

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ! 2 出会い編
中村 文昭 著  サンマーク出版  ISBN : 476319643X

Small20060417_

この間読んだ本の続編。他の本を探しているときに、たまたま見かけたので思わず買ってしまいました。

前作は中村さんの生い立ちから今に至るまでの話でしたが、今作は中村さんが出会った人々の話が中心となっています。それがまたすごい人達ばっかりで……。

中学を卒業すると同時に家を追い出された人の話にビックリしましたし、屋久島での職人と、そこを訪れる心傷ついた人達の話には涙も出ました。

全体を通して単純にすごいと思うと同時に、心もほんわかと暖かくなる感じの本でした。

覚えておきたいことや心の琴線に触れたページの角を折り曲げるようにしているのですが、その数も前作が5箇所だったのに比べ、今回は15箇所。実に3倍。

間接的とはいえ1300円でこれだけの人と出会えたし、笑えたし、勉強になったし、涙も出たわけだから、これはけっこう安い買い物でした。

この本もお薦めさせてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

お腹すいたなぁ…

ネタが無いので、ひと言だけ。

お腹すいたなぁ~

でも、余計な成長はしたくないのでガマン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

長い付き合い

Small20060415_

ブランド物でもない、なんの変哲も無い服ですが……

12年ぐらい使ってます

たしか、イトーヨーカドーで3000円ぐらいだったはず。
1年当たり、250 円。何というか……

他にも16年は使っている軍用のコートなどがあったりします。

(´-`).。oO( う~ん、こういうのは物持ちが良いというのか? )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

カカオ 99%

最近ビターなチョコレートにハマってます。周りの人たちは「マズイ」っていうけど、私は大好きなんですよね。

んで、カカオ 99% のチョコレートがあるということは知っていたんだけど、ついに昨日の帰りに近所のスーパーで見つけました。

Pic_0001

翌日、つまり今日だけど、会社に持ってきて、みんなで食べてみました。

みんな、チョコを口に入れたとたん眉間にしわが寄り、そして口々に「まずい」を連発していました。かくいう私も……。さすがに 99% はおいしく無かったです。やっぱり 80% ぐらいが限界かな~。

みなさんも、この味をお試しあれ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年4月13日 (木)

かぶるな危険

今日から歯医者に通い始めました。麻酔が効いたままの状態でお昼ゴハンを食べたら、気をつけていたのに唇の裏側を噛んでしまい、キズだらけになった、たくり~です。

さて、会社に届いたパソコンの入った箱を開け、中の物を取り出していた時のこと、ビニールに絵が描いてあることに気がつきました。

Small20060413_

言いたい事はわかるけど、こんな事まで描く必要があるのかなぁ……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

教頭先生って?

この間、たぶん会社でだったと思うけど、「教頭先生って感じがします」って言われました。私の中では

  • 校長先生 = 優しいおじいさん
  • 教頭先生 = 怖いおじさん

みたいなイメージがあるので、すごく微妙でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

バルーン

この前の日曜日は会社の同僚の結婚式だったのですが、みんなと相談してバルーン(風船)を贈りました。

このページの W-027 というのがそうです。
http://balloonconnection.jp/W1.html

事前に式場に電話して「サプライズ的に出して欲しいんですけど」とお願いしたら、本当に完璧なタイミングで出してくれたらしく、御二人だけでなくご家族の方々など、たいそう感激してくれたらしいです。

いや~、良かった良かった。

バルーンの注文から結婚式の担当者との調整、みんなとのメールのやり取りなど、すごく疲れて途中で投げ出しそうになったけど、ちゃんと最後までやって良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!
中村 文昭  サンマーク出版 ISBN : 4763195085

Small20060410_

三重県の伊勢でレストランを経営している、中村 文昭さんが書いた本です。先月会社で行われた講習会、この方の講演会のビデオを見ることができたんです。

ん~、この人の名前にはどこか見覚えがあるぞ……

ビデオの途中で、書店で本を見かけたことがあるということに気がつき、その日の講習会が終わった後にさっそく購入してきました。

内容としては、著者が生きてきた中で得た気づきやエピソードなどをちりばめてあるのですが、その一つ一つが「なるほどな~」と思わせてくれます。人によって感じるポイントは違うと思うのですが、私がいいな~と思ったのは、

  • 自分の経験したことのないものには、決して好き・嫌いを言わない
  • 何かをする前にムリだと言っていたら、一勝もできない

あと、目標設定について、ボウリングのピンとスパットに例えて目標と目的には誤差があるという話し。これはけっこう仕事でも人生でも、参考になりそうでした。

人に会うこと、人に尽くすことってこんなに楽しいもんなんだなと、改めて感じさせてくれました。この著者だからできた? というのもあるかも知れませんけど、知ってしまった以上、私にも出来るでしょうし、あなたにも出来ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

Super GT 第2戦

SUPER GT の第2戦が、岡山国際サーキットで行われました。

GT 500

順位Car NoTeamDriver
1 18 TAKATA 童夢 NSX 道上 龍
小暮 卓史
2 100 RAYBRIG NSX セバスチャン・フィリップ
細川 慎弥
3 22 MOTUL AUTECH Z ミハエル・クルム
山本 左近

GT 300

順位Car NoTeamDriver
1 27 direxiv ADVAN 320R 密山 祥吾
谷口 信輝
2 11 JIM CENTER FERRARI DUNLOP 田中 哲也
青木 孝行
3 110 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER 松田 秀士
菅 一乗

横になりながら観ていたのですが、今回は 23号車の本山・松田組がそうそうにリタイヤしてしまい気が抜けたのか、途中寝てしまいました。 (´-ω-`)

今回の GT500 は NSX が1位、2位を占め、その速さをアピールした感じですね。でも、それ以上に速さを感じさせたのは、1号車の立川。ペナルティーで10秒ストップを受けた後の速さは、とてつもないものを感じさせてくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

Adobe Photoshop Elements 4.0 plus Premiere Elements 2.0

この間から会社のイベントビデオの編集などをしているのですが、TV キャプチャーボード(だったと思います)を買ってきたときに付いてきた Ulead VideoStudio 7 LE を使ってました。

ちょっとやりたい事ができなかったので、Adobe の製品を買ってきてしまいました。

Adobe Photoshop Elements 4.0
Adobe Premiere Elements 2.0

Small20060408_adobe

買おう」と決めて川崎のヨドバシカメラに行ったものの、商品に貼られた値札を見ると2万円……。

20分ぐらい悩みました。(´Д`;)

買い物というと、けっこうこんな感じなんですよね。

買おうと心に決めていたとしても、実際に店に行ったり商品を見たりすると途端に優柔不断になるわけですが、みなさんはどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

運命的な出会いについて

会社の朝礼でスピーチの時間があるのですが、今週の月曜日は私の番でした。

いろいろとテーマを考えたんだけど、先日会社で行われた講習会で「運命的な出会いがしたい」「自分にも師匠というような人が欲しい」という声がちらほら聞かれたので、「運命的な出会いとはどういうものか」についてスピーチしました。

内容を簡単に書くと、

価値観が異なる人に出会ったときに、そこから気づきを得たりすることで自分がより良い方向へ向かうことができる事がある。それを運命的な出会いと言います。

つまり、運命的な出会いは

廊下を曲がったら、ステキな異性とぶつかった☆
(〃▽〃)キャー♪

などのめったにない事ではなく、身の周りにあふれかえってるんです。もし、その人の影響で少しでも自分の行動や考え方が変わったら、その人とは運命的な出会いだったということになります。

そんなわけで、人はいつでも運命的な出会いをしてるんです。あとは、それに気がつくか気が付かないかの違いだけ。そう思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

眠りたくないんです

最近、やりたい事(と言っても本を読むなど、大した事ではないけど)がいっぱいあって時間が足りず、平均睡眠時間が5~6時間です。頭がぼんやりする時もあるけど、時間がもったいなくて眠れないんですよね。

できればもっと睡眠時間を削りたいし、出来ることなら眠りたくないぐらいですよ。

なんだろう? 生き急いでるのかな? それとも病気かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

大人のシンクロ

今朝、電車に乗っていたときの事です。肩がこってきたので首を動かそうと、頭を軽く左に傾けました。その瞬間、前に立っていた見知らぬオヤジも頭を左に。

タイミングがばっちりで、あたかもシンクロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

新撰組のサントラ探してます

今日は仕事の帰りに TSUTAYA に寄って、サントラをいろいろ借りてきました。海猿の映画とドラマのサントラ、それから琴の演奏音楽、効果音などなど。

何に使うかって言うと、この間のお花見のビデオ編集に使うんですよ。でも、一番借りたかった NHK 大河ドラマ「新撰組」のサントラが見当たらず。

どうしても使いたいシーンがあるんだけどなぁ……。誰か貸してくれません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

お花見

生まれて初めて、会社のお花見に行ってきました。

行ってきたというか、イベント委員だったので企画を始め、当日の場所取りや写真撮影、小イベントまでこなすというお仕事があったので、すごく疲れましたよ。

でも、みんな楽しそうにしてくれてて良かった。お花見終了後に雨が振ってくるなど、天候にも何とか恵まれて良かった。良かったづくしの1日でした。

P1020158

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

神はサイコロを振らない

神はサイコロを振らない
大石 英司 著   中公文庫  ISBN : 4122046238

Small20060401_

ある日突然、見慣れているはずなのにどこか違和感がある世界に放り込まれ、しかも「あと3日で死ぬ」と宣言されたら皆さんどうしますか?

つい先日 TV ドラマになりましたが、この小説はそんな内容です。

墜落したと思われた飛行機が10年の歳月を経て、突然現在に現れるのです。乗客と搭乗員は VIP ルームに通され、そこで今回の事の真相を打ち明けられます。

と同時に、「3日後には元の世界に戻される」とも。

つまり飛行機事故の瞬間に戻るという事。そう、それは死を意味しています。

というところからお話は始まります。通勤中に読んでいたのですが、あと3日で死ぬと宣言された人達とその家族の気持ちを考えると、それだけで胸がつぶされそうでした。

てなわけで、あまりにも危険な小説だったので家で読みました。
(´;ω;`)ウッ…

ところどころ「ちょっと出来すぎじゃない?」というところはありましたが、

いのち = 時間

という大事な公式を思い出させ、

「今こうして何気なく過ごしている時間も、決して二度と戻ることの無いかけがえの無い大切なもの」

なんだということを、改めて思いました。

死んだ人が蘇り、また消えていくというお話は「黄泉がえり」や「いま、会いにゆきます」、最近だと「この胸いっぱいの愛を」などがあるけど、この小説が一番お薦めです。ほんと、名作だと思うのでぜひ読んでみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »