« あたらしもの好き | トップページ | 医者とバリウムと私 »

2007年10月28日 (日)

走ることについて 語るときに 僕の語ること

走ることについて 語るときに 僕の語ること
村上春樹

走ることについて 語るときに 僕の語ること

面白そうな本は無いかと書店をうろうろしているときに見つけました。

村上春樹の小説は1冊も読んだことが無く、村上と聞けば村上龍の顔しか思い浮かばないのですが、本は面白かったです。

内容は、2005年のニューヨークシティマラソンに向けた練習を中心に、それまでのランニングや人生を振り返るというもの。村上春樹がランナーってことを知らなかったので、毎年フルマラソンを走っていることや、サロマ湖100kmの完走、マラソンだけじゃなくトライアスロンをしているというのは驚きでした。

そういった話を読むだけでも面白かったのですが、共感できるところが多々ありました。

例えば、私はよく、考え事をしようと思いながら走り出すことがよくあります。

しかし、考えようとしていたことは、いつの間にか遠くに置いていかれるんですよね。同様なことを村上春樹は、「空白を獲得するために走ってる」と著書で語っていました。

走るきっかけ、職業は異なるけれども、ランナーの頭の中は一緒なんだな~。

この本を読んでも決して爽快感は得られないし、読者層も限られてくるとは思うけど、ひとりのランナーの語ることとして読んでみて欲しいな、と思います。

 

 ← ジョギングブームだしね

 

|

« あたらしもの好き | トップページ | 医者とバリウムと私 »

コメント

初めまして。mixiジョギング部で検索したら、
たくり~さんのブログを見つけました。
ごく最近、ジョギングを始めて、練習方法なども
よくわからない状態ですが、走ることは昔から好きです。
この本、面白そうですね。
本やさんで探してみます♪

投稿: おぎっぺ | 2007年12月 1日 (土) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122756/16903443

この記事へのトラックバック一覧です: 走ることについて 語るときに 僕の語ること:

» 豊川シティマラソン [剛くんのブログ]
先日11月18日、豊川市において毎年恒例の豊川シティマラソンが開催されました。今回も、当院のスタッフが主に参加選手を対象とした「はり・きゅう(鍼灸)」のボランティアを実施しました。... [続きを読む]

受信: 2007年11月20日 (火) 14時13分

« あたらしもの好き | トップページ | 医者とバリウムと私 »