« 走ることについて 語るときに 僕の語ること | トップページ | 東京マラソンを考える »

2007年10月31日 (水)

医者とバリウムと私

火曜日は持病の検査のため、病院に行ってきました。
検査を担当してくれた医者の話だと、以前と比べて悪くなった様子は無い、とのこと。

良かった。

この検査、バリウムを使って小腸の撮影をするので、前日の夜から飲まず食わず。

検査後は食事が解禁になるのだけれど、スマスマに出ていたマッド・デイモンが

20kg の減量をするために、朝晩に各 10km 走り、ほとんど何も食べなかった

と話していたのを思い出したんですよ。

ひょっとしてこのまま走れば痩せるんじゃね?

と低血糖でまっとうな事を考えられない脳が余計なことを思いついたので、自宅に帰ってきてから走ってきましたよ、ええ。

結果は……

すみません、もうしません。

ヽ(´Д`;)ノアゥア...

 

 ← 今さっき足がつったしね

 

|

« 走ることについて 語るときに 僕の語ること | トップページ | 東京マラソンを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122756/16927217

この記事へのトラックバック一覧です: 医者とバリウムと私:

« 走ることについて 語るときに 僕の語ること | トップページ | 東京マラソンを考える »