« うっかりさん再び | トップページ | 第19回 ハセツネカップ(その2) »

2011年11月 7日 (月)

第19回 ハセツネカップ(その1)

深夜残業が続く毎日だったが、この日ばかりは20時過ぎに仕事を切り上げた。なぜなら翌日はハセツネだからだ。制限時間は24時間。走力に劣る僕は、完走タイムが制限時間ぎりぎりになる事は容易に予想できる。完走するためには眠る事は許されない。そのために、前日にしっかりと睡眠を取る必要があるのだ。

家に帰り、最後の準備を終わらせる。布団に入って眠ろうとした時、大切なクスリを打っていない事に気が付いた。持病の治療のために二週間に一回皮下注射をする必要があるのだが、今日が注射の日だったということをすっかり忘れていたのだ。飛び起きて仕度をし、お腹に注射を打つ。去年はハセツネの前日に持病から来る腹痛に襲われ、そのため睡眠がほとんど取れなかったが、今回は注射も打ったし大丈夫。そんな暗示もかけながら就寝。

普段の睡眠不足から寝坊してしまう事を恐れていたが、予定通りに起床。ご飯を食べ、着替えを済ませ、荷物を担いで出発。いつもは南武線を利用して立川に出て、そこから武蔵五日市まで行くのだが、今日は新宿から快速ホリデーに乗る事にしている。少しでも睡眠を稼いでおきたいし、体力も温存しておきたいからだ。電車に乗ってすぐに眠る。目が覚めると拝島から五日市線に入るところだった。周りはハセツネに出場する人達でいっぱいだ。

会場に着き、受付を済ませて体育館へ。すでに体育館は人で埋まっている。一人分のスペースを何とか確保し、着替えをする。ゼッケンを装着するベルトを取りだしたところ、ゼッケン用ではなく、心拍計を付けるためのベルトということに気が付き愕然。どうしよう……。しばし悩んだのち、周りの人に倣ってショーツの右側にゼッケンを取り付ける。これで良し。

トイレを済ませて自分の荷物を置いた場所に戻る途中、ラン仲間に合う。さらに、体育館から外に出て会場をウロウロしていると別のラン仲間に声をかけられた。一人で大会に参加する事には慣れているが、やはり仲間がいるのは心強い。何人かの仲間と合流し、スタート前の記念撮影。スタートは目標タイム毎に並ぶので、ここで解散。後は一人で頑張るのみ。

20111022_ground

開会式が始まる。そんな中、ふとガーミンに目をやると時刻は12時34分を指していた。そのまましばらく待ち、12時34分56秒になるのを確認。
「よし、今回は行けるかもしれない。」
何となくそんな事を思った。

そして午後1時。大会がスタートした。

|

« うっかりさん再び | トップページ | 第19回 ハセツネカップ(その2) »

コメント

最後まで読ませていただきます。

投稿: TARA | 2011年11月 7日 (月) 11時40分

> TARA さん

ありがとうございます。
なかなか進まないと思いますが、気長にお待ち頂けると助かります(汗

投稿: たくり~ | 2011年11月 8日 (火) 00時49分

どきどき・・・続きが楽しみですhappy01

投稿: わかぞー | 2011年11月 8日 (火) 11時58分

> わかぞーさん

何回になるかわからないけど、気長に待っていてください。

投稿: たくり~ | 2011年11月 9日 (水) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122756/53182199

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回 ハセツネカップ(その1):

« うっかりさん再び | トップページ | 第19回 ハセツネカップ(その2) »