2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

Appium環境構築のその後

WindowsでのAppium環境構築のその後ですが、なんとか動くところまで持っていけました。

やっぱりプロキシがいろいろと悪さを。

appium-simple.jsだとApiDemos-debug.apkはappium.github.ioからダウンロードしてくる処理になっているので、Windowsの環境変数にHTTP_PROXYを追加していたのですが、それだとappium-simple.jsを実行するとローカルのAppium Serverに繋がらなくなるという問題がありました。

それに気が付かず、かなりの時間を消費してしまった。

どうして気が付いたのかというと、Appium for WindowsにてInspectorを起動してみると、実機にてちゃんとアプリが起動したから。

起動したということはAppium Serverに問題は無い
 → Appium Serverへの接続が上手く行っていない
  → 外部に接続しにいかないようにしたらいいのでは
   → じゃあ、apkをダウンロードしないようにすればいいじゃん

という思考を踏み、Windowsの環境変数からHTTP_PROXYを削除、apps.jsを修正することで無事に動作するようになりました。

このあと、Appium for WindowsではなくAppium-Desktopに乗り換えたりなどしましたが、とりあえず一安心。あとは環境構築の手順書を作ることと、JavaScriptの勉強をし直せば完璧。

……ん? 完璧じゃないか。自動化をどうやって仕事に組み入れるかという本題があるじゃないか(笑)

2018年3月29日 (木)

ドラゴンクエスト2の思い出

まあお付き合いください。

Dq2

1987年1月26日に発売となったドラゴンクエスト2。

友達に教えてもらって遊んだドラゴンクエスト1がものすごく面白かったので、何としても手に入れたかったソフトでしたが、発売日は初めての入院中でありまして、自分で買いに行くことができませんでした。

しかし、ほとんど売り切れとなっているお店が多い中、「なかじま」という文房具屋さんで最後の1つを弟が無事にゲット。
※「なかじま」は文房具屋さんでありましたが、半分はおもちゃ売り場となっていました。任天堂のディスクライターが置いてあって、何回か利用した記憶があります。

すぐに病院に持ってきてもらい、持ち込んでいたファミコンにセット。

2_j_201803282130349

そこから寝食を忘れて……というのは嘘で、病院なので夜は寝たし、絶食なので食事はそもそもありませんでした(笑)

治療といえば何も食べずに腸を安静にするしかなく、特に検査もなかったので時間だけはたっぷりあり、起きているときはひたすら遊んでました。

2_j_201803282203368

毎日夕方になると自宅に電話をして、「こんなことがあった」とか「こういうものを見つけた」と弟に報告。今に思えば盛大なネタバレで、弟も迷惑だっただろうなと。

ゲームクリアが退院前だったのか後だったのかそのあたりの記憶は定かではありませんが、ドラゴンクエスト2は退屈な入院生活の支えだったのは確かです。

細かいストーリーがいまいち思い出せなくなっているので、このあいだスーパーファミコン版のドラゴンクエストI・IIも買ってきたし、やり直そうかな。それともオリジナルのファミコン版にしようかな。

2018年3月28日 (水)

左足が痛いのです

昨年の秋ごろからだったと思うのですが、左足の甲の部分がたまに痛むようになりました。

20180327_

ジョギングしているときは、シューズにインソールを入れているおかげか、あまり痛むことはないんですよね。それよりも、普段の方が痛みが出ることが多いです。歩いているときに、ズキッと痛むことが多く……。

やっぱり体重が増えたからかなぁ、と思っています。この病気にしては、体格が良い方とよく言われますので(笑)

2018年3月27日 (火)

WindowsにてAppium環境構築しています(途中経過)

Appiumという、モバイルアプリのテスト自動化ができるフレームワークを存在を知ったので、仕事で使えないかどうか調査中です。

Qiitaに投稿されている記事を参考にしていますが、仕事の合間に作業をしているので、まだ動作確認をするところまでには至らず。

Qiita - Windows で appium / appium desuktop 環境セットアップの覚書
https://qiita.com/Real_analysis/items/59af03961250e8e77ba9

以下、試行錯誤メモです。ご笑覧ください。

JavaとAndroid Studio、Android SDKは既にインストール済みなので、node.js、appium for windowsとインストールを行い、最後のappium-doctorをインストールするところでエラー。

会社なのでProxyが設置されているのですが、それが悪さをしてインストールできないという事態っぽい。サイトを色々見て、proxy、https-proxy、registryあたりを設定することで少し進んだようですが、次は以下のエラーメッセージが。

npm ERR! 407 Proxy Authentication Required: appium-doctor@latest

ユーザ名とパスワード認証が違うんだろうなということは分かるので、proxy、https-proxy指定するURIにユーザー名とパスワードを含めるようにしたものの、何も変わらず。パスワードに記号が入っているのでURLエンコードしているのですが、ダメなんですかねぇ……。

appium-doctorは入れなくても問題なさそうですが、実行環境が整っているかどうかをチェックしてくれるものなので、一応入れておきたいですよねぇ……。

と、いろいろ試してみましたがどうしても上手く行かないので、記号を使わないようにパスワードを変更しました。パスワードを変更するといろんなところに影響がある(というかめんどくさい)から、できれば変えたくなかったんですよね。でも、そうしたらappium-doctorをインストールできました。たくさんWarning出ましたけど(笑)

しかし、appium-doctorを実行しようとしたら上手く動作せず……。

ひょっとしてGlobalでインストールしなくてはいけないのか? と思い、proxy設定などをGlobalに移行し、再度appium-doctorをインストールしたらWarningもなくなり、無事に動いて"Everything looks good, bye!"というメッセージが表示されました。

これで先に進められる。よかったよかった。

だが、今度はsample-codeが動かせず、困難はまだまだ続くのであった……。

できるようになったら、手順まとめて公開します。

2018年3月23日 (金)

がんまんが~私たちは大病している~ (感想)

前々回の投稿に書いた「がんまんが」ですが、読み終わりましたので感想を書きます。

がんまんが~私たちは大病している~

一言でいうと、「万人にはお勧めしないけど、読んでおいてもいいかなー」という感じでした。

ガンかもしれないって医者に言われた所から抗がん剤投与、手術、その話を読んでいると、「そういえばこんなことあったなー」「あんなこともあったなー」と自分のことを思い出してしまい、読み終わったときにはグッタリ……。

例えば……

  • 中心静脈栄養という、鎖骨あたりからカテーテルを挿入して高カロリーの点滴を行う治療があるのですが、カテーテルを挿入しているときに麻酔が切れかかってしまい、すごい痛い思いをしたこと。ちなみにその時に「痛いです」と訴えたのですが、「がまん」の一言で片づけられました(笑)
  • 病院のレンジでエレンタールを温めていたら、看護師の補佐をされているおばちゃんに「レンジを汚さないでください!」と怒られたこと。今でも腹が立ちます(笑)

その他にも「初めての手術が終わった時に思ったこと」「高校を退学するときに荷物を取りに行った時のこと」など、あれやこれや色々。そのあたりは今後の投稿で振り返るかもしれません。

そんな感じで、ガンの経験がある人、今何かしらの病気にかかっている人にはつらいマンガかもしれません。

「さよならタマちゃん」という、ガンにかかったマンガ家(当時はアシスタントかな?)が描いたマンガを読んだことがあるのですが、それとは違う感じで重たかったです。少なくとも僕には。

マンガ自体は「えっ?」というところで終わっているので、続きが楽しみです。またグッタリすると思いますけどね(汗

2018年3月22日 (木)

第三者検証におけるテストの自動化について悩む

そもそもこのブログを復活させようと思ったきっかけは、ソフトウェアテストシンポジウム(JaSST)に参加してみたことがきっかけなのでした。色々な刺激を貰ったので、「自分でも何か発信できないかなぁ。知識の整理もしたいし……」なんて。最新の技術についてあまり追えていないので、たいしたことは書けないですけど。

で、そのJaSSTで、普段Web系の評価は行ったこともないくせに、基調講演を始め、スクラムによるテストなどのWeb系のセッションを多く選んでしまい、その中で数多く出てきた「自動化」というワードに憑りつかれています。

今の会社ではお客様と一緒に、もしくはお客様の代わりにシステムテストや受け入れテストを実施する第三者検証をしており、ほぼ手動でテストをしています。毎回異なる製品に対して試験を行うため、過去のテスト手順などの資産は利用できず、自動化は進んでおりません。

初歩的な疑問で申し訳ないのですが、そもそも自動化って、出来上がってきたシステムやアプリケーションなどに対して第三者検証を行うタイミングでするものなのですか? 個人的なイメージだと、テスト駆動開発という言葉があるように、もっと開発寄りで行うものなんじゃないかなーと思ったりしています。

ということは、ソフトウェアに対する第三者検証において自動化ってあまり意味が無いんじゃないかな……。かといって昔と同じように人海戦術でテストを終わらせるってやり方は、今後ディスアドバンテージになりそうだし……うむむ……。

「そもそも開発側でテストをしっかり行えば、第三者検証なんて要らないのでは?」

そんなことまで考え始めたりするぐらい、頭の中がごちゃごちゃしております。

世の中には第三者検証を大々的に打ち出している会社がたくさんありますが、その会社さんたちは自動化を進めたりしているんでしょうかね? もっとも、他社さんには教えてくれないでしょうけど。

2018年3月21日 (水)

がんまんが~私たちは大病している~

最近、この漫画を読み始めました。

「私たちは大病している」(内田春菊)

まだ最初の方しか読んでいないので感想は書けませんが、Amazonさんに書かれている商品説明を引用させて頂くと、以下のように書かれています。

革命的育児漫画「私たちは繁殖している」や幾度もテレビドラマ化された「南くんの恋人」など

多数のヒット作を飛ばしている漫画家・内田春菊に、2015年突如大腸がんとの告知が……!

発覚から入院・手術に至るまでのドタバタないきさつ、

抗がん剤の仕組みや副作用、

わき起こる体や環境の変化、

そして術前術後の子4人との激動の日々……。

がんと真正面から向き合いセキララに描く、著者ならではの闘病コミックエッセイ!

なんでこの本を買ったかというと、ガンの話よりも、ストマになったという点に興味があったためです。「興味」と書くと何やらお叱りを受けそうな感じがしますが(考えすぎ?)、僕自身、2003年の緊急手術のときにストマになる可能性があったので、もしそうなっていたら今頃どんな感じだったんだろうか、という意味での興味になります。

とはいえ、この本ではストマになるまでの話がメインで、ストマ生活についてはこの後の「すとまんが」で描かれるそうなので、興味が満たされるのはそちらの本になるのでしょう。

ちなみに2003年の緊急手術の時は、入院中のベッドの上でお腹の左右に×印をつけられたので不思議に思い、「これは何ですか?」と聞いたら、「ストマになるかもしれないので印をつけてます」と言われたのでした。痛み止めでボーっとしていて判断力が鈍っており、「そうかー……たいへんそうだな……」と、ぼんやりとしか考えられなかったな。

作者の内田春菊さんについては、引用のところにも書いてあるけど「南くんの恋人」や「私たちは繁殖している」のタイトル、あとは東京電力の「でんこちゃん」を知っているぐらいで、実際に読んだことはほとんど無いと思います。この本の最初の10ページぐらいを読んだ感じでは、絵も話も読みやすかったので、このまま最後まで読み進めようと思います。

感想はまた後日。

2018年3月20日 (火)

フルマラソンの後遺症

日曜日に板橋Cityマラソンを走ったという話をしましたが、今回は​フルマラソンの後遺症について書こうかなと思います。

とはいっても、あくまで今回の件であって、その時の体調によっても違うし、ましてや人によってまったく状態は異なると思うので、あくまで一個人のお話しであることを念頭に置いておいてください。

まず当日。

マラソンの終盤からお腹が少し痛くなり、なんとなく吐き気も出てきていたので、夜ご飯は5分粥とヨーグルトだけで済ませました。普段ならマラソンで消費した大量のカロリーを補給すべく、「食べ放題だぜー」っていう感じで好きなものを食べるのですが、最近持病の痛みっぽいものを感じることが多くなってきているので安全第一。

続いで翌日(これを書いている月曜日のことです)。

今もお腹が微妙に痛いです。なので、普通にエレンタール生活です(汗

あと、膝にかなりのダメージがあるので、フルマラソンを走った後は毎回膝にサポーターを巻いています。そんな感じで補助をしているのですが、階段を下りるのがつらい。手すりに掴まりながら、えっちらおっちら下りる感じとなっています。こういう時ばかりは、エスカレーターさまさまとなりますね。

筋肉痛はそれほどひどくないのですが、普段の練習の成果によるものなのか、明日あたりにやってくるのかは分かりません。たぶん、遅れてやってくるのでしょう……。

最後に、顔の日焼けがすごく、会社の人に「顔が赤いんですけど大丈夫ですか?」と心配されました。日焼け対策もしっかりしておきましょう(笑)

2018年3月19日 (月)

板橋Cityマラソンの結果

板橋Cityマラソンを走ってきました。

Dsc_0220_1920

この大会は4年ぶり3回目……かな? 風の強さで有名な大会だと思うのですが、毎回天気には恵まれていて、強風に当たったことありません。

今回もあまり強くなく、折り返してからはしばらく追い風でした。

さて、参加者が多いので、最後のブロックがスタートラインを越えたのが、号砲が鳴ってからの19分後。

今回は1km7分30秒ペースで頑張ってみます。

15kmぐらいまでは予定通り。25kmまで7分45秒まで落ち。残りはボロボロ。32km付近でお願いしておいたコーラを貰えたから良かったけど、無かったら最後は確実に歩いていたと思う。

40kmぐらいからお腹が少し痛くなり、若干吐き気も感じ始めてきたけど、ひどいことにならなくて良かった。

ゴール前ではみんなの出迎えを受け(恒例なの?)、足はつらなかったので最後まで走ってゴール。

体重も増えていたし、ネットで5時間47分ぐらいなので、まあ良しとしよう。

走り終わった後は、おひとり様おひとつのシャーベット。曇っていたので寒かった(笑)

Dsc_0222_1920

とりあえず、2017-2018シーズンの大会はこれで終わりです。ぼやっとしてるとすぐに秋になってしまうので、どうやって過ごそうかな。

2018年3月18日 (日)

かまいたちの夜

電車でGO!と一緒に、スーパーファミコンのかまいたちの夜も買っていました。

20180317_

かまいたちの夜は、昔遊んだことがある気がするのですが、確か、彼女に殺されたような? で、悔しいからやり直したような? そもそも、どんなエンディングがあったのか、すっかり忘れてしまいました。

そんな感じで全くと言っていいほど覚えていないので、新鮮な気持ちで遊べると思います。しかし、積みゲーが多いから遊ぶのはいつになるかなぁ。

ところで……

20180317_2

セーブデータにピンクのしおりは入っていなかったようです(笑)

2018年3月17日 (土)

板橋Cityマラソン前日

明日は板橋Cityマラソンです。

少し前の天気予報では日曜日は雨っぽかったんですが、晴れに変わったようで……。おかげで天気を理由にDNSするということができなくなりました。

持ちタイムが悪いので、相変わらずの最終ブロックからスタートとなります。最終ブロックの番号はOです。ゼロではありません。オーです。ブロック番号はAから始まるので、15番目のブロックということになりますね。号砲からスタートラインを越えるまで時間がかかりそうなので、ゆっくりトイレに入れるのがメリットでしょうか(笑)

体重も増えまくっているので最後まで走り切れるかどうか不安で仕方がありませんが、関門に引っかからないように気を付けながら、何とかゴールまでたどり着くというのが目標。タイムはどうでもいいです。

位置づけ的に、今回のマラソンは強制ダイエットです。

板橋Cityマラソンといえば、退屈な景色と激しい風。その昔、あまりの強風で簡易トイレが倒れたという話を聞いたことがあります。中にいた人はどうなったんでしょうね。恐ろしや。

どうか、明日の風は強くありませんように……。

2018年3月16日 (金)

電車でGO

このあいだ、プレイステーション版の電車でGo!と、電車でGo!2 高速編の中古をハードオフで買ってきました。

20180312_2

電車でGo!自体はゲームセンターで何度か遊んだことがありますが、下手なので恥ずかしく、数えるぐらいしか遊んだことがありません。なので、このゲームも安かったから何となく買ったという感じで、そんなに熱中することも無いだろうなと思っていたのでした。

しかし、実際に遊んでみると意外に面白かった。

このゲーム、初心者にとって一番の鬼門は列車を停止させることだと思っていて、最初のうちはオーバーランやら構内再加速しまくりでした。何回か繰り返すうちにコツが掴めてきたようで、それほど大きくずれることはなくなりました。

それでもまだ派手にオーバーランすることありますが……。
乗客にいつも怒られていますが……。
あとは、停止とは異なりますが、緊急停止が間に合わず、踏切上で止まっていたトラックを跳ね飛ばしたことも1回あり……(笑)

ゲームはやはり回数をこなすことが大切ですね。ゲームセンターでももう少し頑張れば良かった。

そうそう、ゲームセンターといえば、2017年にアーケード最新作が出ましたね。練習モードを1回だけ遊んだのですが、見える景色やらタッチパネルなどの装置といった進化が激しく、指示に従うだけでいっぱいいっぱいでした。

20180114_go_2

※思いっきりブレちゃってますね……

せっかくなので、アーケード版の電車でGo!にしばらくハマってみようかな。

2018年3月15日 (木)

Synology DS218jを買いました

2009年に買ったNAS、I-O DATAのHDL2-G2.0がエラーを起こすようになりました。

Dsc_0202

電源を入れると、HDD1がエラーを起こして赤ランプが点滅し、激しいBEEP音。

片方のHDDが壊れただけなので交換で行けるかなと思ったのですが、古すぎて生産終了となっており、簡単には手に入りそうにないということが判明。仕方がないので、新しいNASを構築することにしました。

夜も遅い時間でしたが、AmazonでNASをポチ。翌日、会社から帰ってくると荷物が届いていました。Amazonさまさまです。

購入したのはこちら。

20180314_200612

SynologyのDS218jです。中身は無いのでHDDは別注文。買ったのはこちら。

20180314_200728

Western Digitalの赤。1つ4TBあります。

最近のHDD単価は、1TBあたりだいたい4000円なんですね。昔に比べるとだいぶ安くなったなという感じです。まあ、滅多にHDDなんて買いませんので、どのくらい昔だって話もありますが。

ケースを開けて、こんな感じでHDDをセットします。

20180314_202952

後はケースを再び元に戻し、電源ケーブルとLANケーブルを接続。ブラウザを起動して設定を終わらせれば完了というお手軽さ。なんか色々機能があるみたいですが、そのあたりはおいおい調べていこうと思います。

まずは、壊れかけたNASからファイルをコピーするところから始めています。しかし、ファイル数が多いので、コピーだけでもかなりの時間がかかりそうです。

しかし、今回のNASは予定外の出費でした。昔に比べて安く済んでいるとはいえ、痛いものは痛いですね。しばらく出費を抑えなくては。

2018年3月14日 (水)

ブログ再開準備中

長らく放置していたブログですが、久しぶりに再会しようと思います。

カテゴリーの見直しなども行いたいので、過去記事は一度下書きに戻させて頂き、準備が整ったものから再度公開とさせて頂きますね。

なお、新規の記事は、過去の記事を待たずにどんどん投稿していく予定です。

そんなわけですので、しばらくごちゃごちゃすると思いますが、ご勘弁を。

« 2015年9月 | トップページ | 2018年4月 »