モータースポーツ

2008年4月 2日 (水)

FSWを日本一速く走る

今週末に、静岡県の富士スピードウェイにおいてフォーミュラ・ニッポンが開催されるんですが、サブイベントにこんなものがありました。

「富士スピードウェイを日本一速く走る男女決定戦」

内容はというと、富士スピードウェイ1周 4563m を走るというもの。
もちろん足で。

1位にはなんと賞金9万9999円が!!

出たくないですか?
もちろん僕には無理ですが……。

 

 ← 速く走れたらなぁ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

NISSAN MORTERSPORTS EXHIBITION 2007

すっかり油断していたのですが、今年もニッサンのイベントがあるようです。

 

NISSAN MOTORSPORTS EXBITION 2007
http://www.nissan.co.jp/EVENT/MOTORSPORTS/2007/11/event.html

 

開催は、3月11日(土)と12日(日)の2日間。場所は横浜の赤レンガ倉庫です。
今年もデモランやマーチカップカーの同乗体験があるみたいですよ。

サーキットに比べるとデモランの迫力は何十分の一でしかないけども、近くで走るところを見られるチャンスなので、興味のある方はぜひ。

私も観に行きたいけど、11日は用事があるのと、12日はハーフマラソンなので行けないんですよね。

 

(´・ω・`)ショボーン

 

そうそう、先ほど紹介したページからトップページに移動すると、プレゼントキャンペーンのページが表示されます。海外でのレース観戦ツアーやラジコンなどが当たるそうです。

私はラジコンに応募してみました。本当は観戦ツアーに申し込みしたかったけど、ペアチケットなので……。

 

去年のイベントに関する記事はこちら。
http://jumper.air-nifty.com/wonderful_life/2006/03/post_37c4.html

カップカー同乗体験
http://jumper.air-nifty.com/wonderful_life/2006/03/a_hre.html

 

 ← ぱららぱらららぱららららー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

グリッドガールを募集しているそうです

4月1日にフォーミュラ・ニッポンの第1戦が、静岡県の富士スピードウェイにて開催されます。

フォーミュラニッポンを知らない人に簡単な説明をすると、「 F1 の日本版(とか書くと各方面から突っ込みを受けそうで怖い(--;)」みたいなものです。

 

フォーミュラ・ニッポン
http://www.f-nippon.co.jp/

富士スピードウェイ
http://www.fsw.tv/

 

で、その第1戦でグリッドガールというのを募集しているそうです。グリッドガールというのは、スタート前のコース上に止まっているクルマの前で、そのクルマの番号が入ったプラカードを持っている女性の事です。

当然のことながら、普通はレースクイーンがその役をやります。それを体験できちゃうという、レース好きの女性にはまたとないチャンスです。彼氏や旦那さんも大喜びだと思います。

募集要項を何気なく眺めていたのですが、その中の3番目に以下のものがありました。

 

「衣装(春らしい勝負服)をご用意できる方。」

 

ん? 勝負服?

 

そりゃあレースなので勝負がかかってますが、普通に「春らしい服」でいいじゃん、と思ったのは私だけでしょうか? 担当者の趣味かな、これは。

それはともかく、グリッドガールは3月19日まで募集しているようですので、興味のある方はどうぞ。

 

 ← 勝負服?!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

富士スピードウェイ体験走行

マラソン大会開催日なので体験走行は無いだろうと思っていたら、意外にも受付のアナウンスが流れてきました。ゴールし終わった後で財布は無く、急いで駐車場に戻って着替えを済まし、小走りで受付場所へ。

ギリギリ間に合いました。
⊂(´∀`⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前から体験走行に来たいと思っていたんだけど、なかなかタイミングが合わずに来る事ができなかったんですよね。なので、今日はとてもラッキーでした。

で、再びコース図。

Crs_fuji_1

まずは隊列を組んでコースイン。第1コーナーへ向かいます。車内からデジカメで写真を撮ったので、ガラスにいろいろと映りこんで画像が汚いのは勘弁してください。

01course_in

第1コーナーは、下りながらの右コーナーとなります。

021st_corner

第1コーナーの坂を下った後は、若干上ってコカコーラコーナーへ向かいます。

031st_corner2

左回りのコカコーラコーナー。そこを抜けて100Rへ。

04cocacola_corner

05100r

100Rからヘアピンにかけては若干の上りなんです。
マラソンのときはきつかったな~。

でも、車ならちょっとアクセルを踏むだけ。
ラクチンです。

06hairpin

ヘアピンを抜けて300Rを抜けると、目前に迫るダンロップコーナー。

08dunlop

09dunlop2

第13コーナーを抜けて、ネッツコーナーへ。写真はネッツコーナーの出口。先が見えない上に意外に急なので、ドライバーの上手さが問われるだろうな~。

10netz

そして最終パナソニックコーナーを抜け、メインストレートへ。

11panasonic

12gate

以上で1周終わり。

体験走行は全部で3周なので、残りの2周は前の車との距離を開け、ところどころで全開走行を楽しんだりしちゃいました。久しぶりに7000回転まで上げることができ、それはそれは楽しい時間でした。

たぶんペースカーの後ろだったらここまでは遊べなかっただろうな~。なので、体験走行される方は、できるだけ後ろの方になるようにした方が良いかも知れませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

XANAVI デモラン

先月の Mortor Sports JAPAN 2006 で行われた XANAVI のデモランの様子です。やっとこさ時間を見つけて動画にすることができました。

例によって音声付きです。ご注意下さい。

下の画面左にある三角ボタンを押すと再生が始まります。
(動画再生時間は2分44秒です)

カメラマンの声がところどころ入っていますが、気にしないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

F1 鈴鹿予選

やわらか戦車の退却アクセを川崎まで買いに行った帰り、お腹空いたな~と思って気になっていたラーメン屋に入ったら、ちょうど鈴鹿の予選が始まるところでした。

なんてタイミング。

で、ラーメンを食べながら予選を観ていたのですが、気になるのはやっぱり第1ラウンド。注目はスーパーアグリの琢磨と左近の走りです。

しかし、左近はヘアピンでストップ。TVでは良くわからなかったんだけど、スピンしてエンジンをストールさせてしまったとのこと。残念。

第1ラウンド突破の期待は、琢磨に注がれることに。

その琢磨はスプーン入り口あたりまではぎりぎり突破できるかどうかってところだったんだけど、バックストレートから130R、シケインでタイムを縮める事ができず、残念ながら第1ラウンドを突破する事ができませんでした。

琢磨のオンボード映像を食い入るように見つめながら、「がんばれ~、がんばれ~」って心の中で精一杯の応援をしていたんだけど、あまりにも気持ちを入れすぎたせいか、半分泣きそうに。もし第1ラウンドを突破してたら、確実に泣いてましたね。

最後の鈴鹿でのF1。琢磨にも左近にも、最高のレースをして欲しいものです。

明日の決勝が楽しみだな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

Mortor Sports JAPAN 2006

お台場で開かれた、Mortor Sports JAPAN 2006 に行ってきました。

モータースポーツの各カテゴリを集めたイベント、と言っても4輪だけだったけど、いろんな車の展示、トークショー、デモランなどなど、盛りだくさんな内容でした。

Lotus

会場に入って最初に目にするのは、とっても懐かしいロータス・ホンダ。

Ra272

こちらは RA272 。この形のマシンを見ると、つい、ルパン3世を思い出してしまうのは私だけ?

Ra106

2006年の RA106 。バトンのマシンです。

Sa05

そしてこちらはスーパーアグリの SA05 。ジャンクスポーツのステッカーは貼ってありませんでした。残念。

Gtdriver1

観るつもりは無かったんだけど、気がついたら GT ドライバーのトークショーを観てました。左から、元テレビ東京アナウンサーの龍田さん、近藤真彦さん、本山哲さんに道上龍さん。

道上さんはイベントにも関わらずレーシングスーツの下にちゃんとしたアンダーウェアを着ていて、とっても真面目なところを見せてました。

Gtdriver2

こちらは服部尚貴さん、星野一樹さん、松田次生さん。

先ほどはエースドライバー達なので一人ずつマイクを持っていましたが、エースじゃない方々にはマイクはありません……と、言っていました。

Takata

デモラン。これは SuperGT の TAKATA DOME NSX です。先ほどの道上龍さんが運転しています。

これ以外にもラリーカーや F1 のデモランもありました。そちらはビデオで撮影したので、時間があったら動画にして公開したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

SuperGT 第7戦

栃木県の茂木にて、SuperGT 第7戦が行われました。

コース図は SuperGT オフィシャルサイトから借用

C_motegi

GT 500

順位Car NoTeamDriver
1 100 RAYBRIG NSX セバスチャン・フィリップ
細川 慎弥
2 36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
3 1 ZENT セルモ SC 立川 祐路
高木 虎之介

GT 300

順位Car NoTeamDriver
1 11 JIM CENTER FERRARI DUNLOP 田中 哲也
青木 孝行
2 13 エンドレスアドバンCCI Z 影山 正美
藤井 誠暢
3 62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R 柴原 眞介
黒澤 治樹

さてさて、今回も例によって Yahoo にて生中継を見ていたのですが、横になって見ていたら……途中寝ちゃいました。(´-ω-`)

なので、あまり書く事も無いのですが、GT300 クラスの JIM CENTER は今季初優勝。その存在感のわりにはいまいちパッとしないレースばっかりだったので、やっと

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

って感じですね。良かった良かった。

Jimcenter

GT500 のレイブリックはポール to ウイン。今季2戦目以来の優勝で、ドライバーズランキングでは1位タイ、チームランキングでも3位ですよ。

XANAVI はというと、左フロントカウルが破損してガレージで修理したので、結果は4周遅れの12位。今年はもう無理かな~。

Direxiv あらため R&D ADVAN VEMAC 320R は、6位。Direxiv 時代のカラーリングに比べ、真っ白な車体は寂しい限りでした。早くメインスポンサーが見つかるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

SuperGT 第6戦 Pokka 1000km 結果

鈴鹿サーキットで SuperGT 第6戦が行われました。

コース図は SuperGT オフィシャルサイトから借用

C_suzuka

GT 500

順位Car NoTeamDriver
1 12 カルソニック インパル Z ブノワ・トレルイエ
星野 一樹
ジェレミー・デュフォア
2 22 MOTUL AUTECH Z ミハエル・クルム
リチャード・ライアン
ファビオ・カルボーン
3 35 BANDAI DIREZZA SC430 服部 尚貴
ピーター・ダンブレック
田嶋 栄一

GT 300

順位Car NoTeamDriver
1 52 プロμ太陽石油KUMHOセリカ 竹内 浩典
嵯峨 宏紀
澤  圭太
2 27 direxiv ADVAN 320R 密山 祥吾
谷口 信輝
3 101 TOY STORY Racing MR-S 新田 守男
高木 真一

GT500、GT300 ともに Pole to Win を達成という、とても素晴らしい結果が出ました。特に GT500 のカルソニック・インパル Z は2位以外のマシンをすべて周回遅れにするという、とんでもない速さを見せつけてくれましたね。

2位は MOTUL AUTECH Z。1、2フィニッシュ。さすが Z 。

となると、なぜここに XANAVI がいないのかが不思議ですよね?

XANAVI は、信じられない事にレース序盤で失格ですよ。

スタートドライバーの松田からステアリングを受け継いだ井出が、GT300 の 55号車 DHG ADVAN FORD GT とシケイン手前で接触し、ドライブスルー・ペナルティが課せられたんです。

Fordgt
FORD GT - Round 3 富士スピードウェイにて

ところが、井出が無線の故障(という話)でペナルティに気が付かず、指示を無視し続けた結果、黒旗、つまり失格処分となってしまいました。

その井出は失格にも気が付かず、ピットからのサインも無視し、その後も数周に渡って走り続けるという無法者ぶりを発揮。幸いにも他の車と接触事故を起こさなかったのが、唯一の救いでした。

ピットイン後にコントロールタワーに呼ばれてましたが、どうなったんですかね。

何にせよ、井出の活躍のおかげで XANAVI は大切なポイントを取り逃しましたよ。(´・ω・`)ショボーン

この事件の直後は

井出をモータースポーツ界から追放しろ!
 ( ゚Д゚)ヴォケ!!

などと頭に血が上っておりましたが、考えてみると井出は F1 でうまくいかなかったりと、今年はさんざんな年なんですよね。この先ニッサンのマシンに乗る事は無いでしょうが、この試練を乗り越えて頑張って欲しいところです。

井出がどのように立ち直っていくかが気になってきた。
楽しみが増えた。

ありがとう、井出 "(,,゚Д゚) ガンガレ!"

さてさて、GT300 の direxiv ですが、優勝こそできなかったものの2位でゴール。次からのレースに参加できるかどうかは不明ですが、少なくともドライバー達は参加し続けられるように努力してるみたいだし、こちらもどうなるか見守っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

今週末は SuperGT 第6戦があります

今週末は SuperGT の第6戦、International Pokka 1000km が三重県の鈴鹿サーキットで開催されます。

今回は 1000km という長丁場。ほとんどのチームは3人のドライバーが交代で走ります。

XANAVI は本山、松田に加え、サードドライバーとしてこの間までスーパーアグリで F1 に出場していた井出 有治が乗ることになりました。F1 ではさんざんな目に合っちゃいましたが、ここはぜひ頑張って欲しいところです。

あと、GT300 クラスで応援していた direxiv なんですが、チームの事情により今回のレースを最後に活動休止ということになってしまいました。

ああ、残念……。

しかし、活動休止じゃどうしようもないので、この最後のレースは思い切り楽しんで、それでもって優勝という形で有終の美を飾って欲しいです。

さて、このレースですが例によって Yahoo で中継されます。

http://yahoo.tv-bank.com/special/supergt/

日曜日の 12:30 から中継開始なので、お時間のある方はぜひどうぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)